2010年11月22日

私がこの仕事を始めようと思ったきっかけ

olympic (282x278) (272x266).jpg

南 武志と申します。

「Vacation TOKYO −東京ガイド&行き方案内−」にアクセスいただきありがとうございます。

あなたと、ご一緒される方々にとって、今回の東京へのご旅行が素晴らしい思い出となりますことを祈念いたします。

私は、フリーランスで東京旅行アドバイザーという仕事をしています。それは、東京へのご旅行を予定されている方の希望訪問地を元に最適なスケジュールをご提案する業務です。多少のアドバイス料がかかりますが、ご旅行に行かれるメンバー全員で「はとバス」に乗るよりもはるかに低料金です。

旅行の楽しみ方は人それぞれです。ショッピングが最大の目的でその地を訪れる人もいれば、旧所名跡を回ることを目的としている方もいるでしょう。また、東京への旅行においては、はとバスツアーを利用する方が安心という方もいれば、単独行動で自分たちの好きなように時間を使いたいという方もいるでしょう。

さらに、ひとつの場所をじっくりと見学したいという方もいれば、駆け足で多くの場所を訪れたいという方もいらっしゃることでしょう。

慣れない土地に行く時は、現地に詳しい人に事前にいろいろ聞いておきたいと思うものです。まずはお気軽にお問い合わせください。

さて、私が この仕事を始めようと思ったきっかけは次のようなことでした。
2008年の9月にオーストラリアのシドニーに旅行したのですが、私にはオリンピック・スタジアムにどうしても行きたいという希望がありました。

しかし、オリンピック・スタジアムを訪れる日本人観光客はあまりいないらしく、申し込み時にもらった旅行会社からのパンフレットには載っていません。現地で日本人のツアーコーディネーターに聞いたところ「えっ、オリンピック・スタジアムに行きたいんですか?」と驚かれてしまい、結局現地への行き方が分からないということでした。そこでホテルの案内係に片言の英語で質問し、やっと現地までの行き方が分かりました。

翌日オリンピック・スタジアムに到着して分かったのですが、スタジアムではスタジアムツアーというのを毎日行っていたのです。スタンドのみならず、来賓席、放送ブース、ロッカールームなど普段は入れない場所を案内してもらい、最後にフィールドに降りてオリンピックで実際に使用された表彰台で写真が撮れるという1時間弱のツアーでした。

このページに掲載しているのはその時の写真です。
私が立っている表彰台は、高橋尚子選手が上った表彰台です。この写真は私の思い出のひとつとなっています。

これが私がこの仕事を始めようと思ったきっかけでした。事前にスタジアムへの行き方が分かっていれば、もっと効率的にスケジュールが組めたのにという思いが残ったのです。

旅行にセオリーはありません。
あなたにご希望の見学場所を効率的に訪問できるようアドバイスさせていただきます。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

東京旅行アドバイザー
南 武志


--Vacation TOKYO 行程アドバイス
[お問い合わせフォーム]

posted by takeshi at 20:45| Comment(0) | あなたに合った東京観光を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。