2011年08月11日

東京タワー −高度経済成長のシンボルは今も東京のシンボル−

東京タワー
今でも東京のシンボル的な建造物で、高層マンションに引っ越す人の中には東京タワーの見えるお部屋を第一条件にする人もいるくらいです。

高さ333mの東京タワーは、奇しくも長嶋茂雄選手が背番号3をつけてデビューした1958年(昭和33年)に完成しました。正式名称は日本電波塔と言います。完成当時はまだこのあたりには高層ビルがなく丘陵地に建てられたこともあって、どこからでもタワーを見ることができたそうです。

今では200m級の高層ビルが何本も建設されたことで東京タワーのルッキングスポットが年々少なくなっていますが、時折ビルとビルの間からひょこっと姿を現すことがあります。東京に住んでいる人でも意外なところで東京タワーを目にすると「あっ、東京タワーだ」声を上げてしまいます。

みんなに愛されている建造物、それが東京タワーです。

tower2 (800x600).jpg

東京タワーの下では、アマチュアカメラマンがタワーを一番きれいに撮影できるポイントを探しながら、タワーの周りをぐるぐると回っている姿を目にします。

nankyoku (800x600).jpg

南極観測カラフト犬記念像
1956年(昭和31年)の第1次南極観測隊に同行したカラフト犬の功績を称え、1959年(昭和35年)に記念の像が建てられました。昭和基地に残されながらも1年間生き延びたタロとジロの物語は、1982年(昭和57年)に南極物語というタイトルで映画化されました。

park (800x600).jpg

芝公園・もみじ谷
東京タワーの麓にはご覧のような自然豊かな公園があります。芝公園の一部で「もみじ谷」と呼ばれているエリアです。気を付けて歩かないと小川に足を滑らせてしまうと思えるくらいの自然が残されています。

zojoji2 (800x596).jpg

増上寺
JR浜松町駅を降りると増上寺向かって長い参道が伸びています。その参道から増上寺越しに見える東京タワーはとてもきれいです。羽田空港からモノレールで浜松町に来られる方で荷物が比較的少ない方は、増上寺から東京タワーを最初の見学地にしてもいいかもしれません。
浜松町駅から東京タワーまでは荷物を持った状態ですと徒歩20〜30分くらいです。ちなみに増上寺には秀忠、家宣、家継、家重、家慶、家茂の6名の徳川将軍が眠っています。

東京タワーホームページ
http://www.tokyotower.co.jp/333/index.html

東京タワー周辺map −神谷町・赤羽橋・御成門からの行き方−
http://vacation-tokyo.seesaa.net/category/9303536-1.html

東京タワーへの行き方
http://vacation-tokyo.seesaa.net/category/9292087-1.html

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 11:20| Comment(0) | 東京タワー観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。