2011年08月12日

お台場 −ここは1日中遊べる広大なレジャーランド−

お台場。
20年前の計画では、今頃はこの場所は未来都市となっているはずでした。もし世界都市博覧会が予定通り開催されていたらどのようなお台場になっていたのでしょうか。都市博が中止されたことでこのエリアは広大なレジャーランドとなりました。

フジテレビ本社、パレットタウンの大観覧車、ビッグサイト、お台場海浜海浜公園、船の科学館、大江戸温泉物語、レインボーブリッジ。

お台場エリアはすべての施設が歩いて行ける距離にあります。埋立地なので坂道もなく楽に歩くことができます。また、まだまだ空き地が多くお台場全体を見渡すことができますので、次はあそこに行ってみようとその場でスケジュールを組み替えることもできます。

新橋から出ている新交通ゆりかもめは駅と駅の間がものすごく短いのが特長です。歩くのに疲れたら最寄りの駅からゆりかもめに乗って移動するのもいいでしょう。

お台場散歩は晴れた日の最高のリフレッシュ方法です。

fuji (800x600).jpg

フジテレビ
お台場の代名詞がフジテレビ本社。グッズ売り場、展望台、見学コースなどが設けられ社屋全体がレジャーパークのようになっており十分に楽しませてくれます。お台場ではフジテレビだけを見学して帰る旅行者も多く見受けられます。

rainbow (800x600).jpg

レインボーブリッジ
都心とお台場を結ぶのがレインボーブリッジ。私は個人的には東京マラソンのコースに設定してほしいと思っています。この橋は歩いて渡ることができますが、吊り橋ですので微妙に揺れます。高所恐怖症の方はご注意ください。

megami (800x600).jpg

自由の女神
フランス政府から贈られたレプリカ像です。ニューヨークにある自由の女神像もフランスから贈られたものです。晴れた日には大勢の人たちが写真撮影をしています。


venus4 (800x600).jpg

ヴィーナスフォート
フジテレビからほど近いパレットタウンというレジャーエリアにある商業施設です。建物の中は幻想的な空間が広がっています。オープン当時は若いカップルで大賑わいでした。ただ、都民感覚としてお台場はブランド物を買う場所ではないことから、予想よりもショップの売り上げが低く撤退するブランドもあります。


お台場周辺map −フジテレビ・大観覧車・ビッグサイト−
http://vacation-tokyo.seesaa.net/category/9303523-1.html

お台場への行き方
http://vacation-tokyo.seesaa.net/category/9292070-1.html

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 12:01| Comment(0) | お台場観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジテレビ −ここだけで結構お腹がいっぱいになります−

fuji (800x600).jpg

フジテレビ本社ビル
民放で初めて視聴者向けに施設の開放を行ったテレビ局です。7階まで直通の巨大エスカレーター、球体展望台、グッズ売り場、レストラン、スタジオも見下ろせる見学コースなどたっぷりと楽しめます。視聴者へのサービスは他の民放テレビ局の追随を許しません。
はじめてお台場を訪れる人は、まずフジテレビを見学します。そして、フジテレビ見学だけで満足してお台場を後にするのが一般的です。

fuji2 (800x600).jpg

本社ビル前の広場はフジテレビの主催イベントでは会場になるスペースです。また、報道番組や情報番組ではロケ地としても使用されています。

フジテレビホームページ
http://www.fujitv.co.jp/index.html

fuji3 (800x600).jpg

フジテレビの最寄駅である台場駅前の通りはテレコムセンターへの一本道です。ゆりかもめでテレコムセンターに行く時は、船の科学館駅に停車してその次がテレコムセンター駅なのですが、ご覧のとおり十分に歩いていける距離です。
このように、お台場は大部分が徒歩圏内です。時間に余裕のある旅行者の方で晴れた日にお台場に行かれる方は、ゆっくりとお散歩されることをお勧めします。

aqua (800x593).jpg

アクアシティお台場
フジテレビの向かい側にある商業施設。建物の裏側には自由の女神像とお台場海浜公園があり、何度もお台場を訪れたことのある人にはおなじみの施設です。
レストランやカフェのグルメゾーン、手頃なお値段のショッピングゾーン、13スクリーンからなる映画館シネマメディアージュ、ソニーが運営する科学館のソニー・エクスプローラサイエンスなどで構成されています。
フジテレビで八分目になったお腹を満腹にさせたい方はアクアシティにも足を延ばしてみてはいかがでしょうか。次のところにも行きたいけれど、もう少しここで遊びたい、と思ってしまうかもしれません。

アクアシティお台場ホームページ
http://www.aquacity.jp/

megami (800x600).jpg

自由の女神像
1998年のフランス年にパリにある本物の自由の女神像が約1年間お台場に展示されていました。現在ある自由の女神像は展示期間終了後にフランス政府公認のレプリカ像として贈られたもので、2000年に設置されました。

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 12:02| Comment(0) | お台場観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レインボーブリッジは歩いて渡れます

rainbow (800x600).jpg

芝浦とお台場を結ぶレインボーブリッジ。うれしいことにこの橋は無料で歩いて渡れます。ただ、車道の両脇の歩道を歩くので、都心のビル街を望む方角と、お台場と東京湾を望む方角のどちらか一方向しか見られません。橋の入り口で選択することになります。

晴れた日は爽快な眺めです。

なお、風の強い日は通行止めです。というのは、吊り橋ですので揺れているからです。極度の高所恐怖症の方はお気を付けください。

rainbow3 (800x600).jpg

都心のビル街方向から見える風景です。勝どき、汐留、東京タワーが一望できます。

rainbow4 (800x600).jpg

お台場・東京湾方向から見える風景です。フジテレビ社屋をはじめとするお台場の全景が見渡せます。

レインボーブリッジ ホームページ
http://www.yurikamome.co.jp/blog/hp0001/index.php?SNo=12

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 12:03| Comment(0) | お台場観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本物の湾岸署はフジテレビから徒歩圏内

wangansho (800x600).jpg

東京湾岸警察署
踊る大捜査線に出てくる「レインボーブリッジ封鎖しました」で有名な湾岸署は実際に存在する警察署です。元々は1997年にフジテレビ系列で放送されたこともあってか、フジテレビからも徒歩圏内です。フジテレビから大江戸温泉物語まで海沿いを散歩すると右手に見えてきます。

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 12:04| Comment(0) | お台場観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お台場との交通機関はフェリーがおすすめ

お台場海浜公園。
東京は元々海に近い都市です。埋め立てに次ぐ埋め立てで海岸線がどんどん遠くなっていきますが、明治の頃、新橋から横浜までの線路はほぼ海岸線に沿って敷設されていきました。それほど海に近いにもかかわらず、ずっと都民は海に触れるために湘南まで行っていました。

都心にできた新しい海岸、それがお台場海浜公園です。フジテレビから自由の女神像に向かって歩いていくと、すぐにこの海岸にたどり着きます。

お台場への交通機関はゆりかもめとりんかい線が一般的ですが、東京に旅行される方は行きか帰りにフェリーを利用することをお勧めします。とはいっても晴れた日にという条件が付きますが、都心のピル群と東京タワーを見ながらレインボーブリッジをくぐるクルージングは最高の思い出になるものと思います。

お台場海浜公園⇔浅草間と、お台場海浜公園⇔日の出桟橋の2つのルートがおすすめです。

tokyobay (800x600).jpg

お台場海浜公園から見るレインボーブリッジと都心のビル群。

tokyobay2 (800x600).jpg

新しく開拓された海外のリゾート地のような風景です。

tokyobay3 (800x600).jpg

フェリーの桟橋です。晴れた日は波も静かで最高なのですが、フェリーの難点は運行本数が少ないことです。事前に時間をお調べのうえご利用ください。

東京都観光汽船 TOKYO CRUISE ホームページ
http://www.suijobus.co.jp/

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 12:05| Comment(0) | お台場観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。