2010年11月22日

地下鉄を利用する際のアドバイス

東京で観光名所を効率的に回るために地下鉄の利用をお勧めします。はじめて東京に来た人は外が見えない地下鉄はどうしても利用しにくく、上を走る山手線、中央線、総武線に頼ってしまいがちですが、元来、東京の地下鉄は上を走る電車の不便性を解消するためにできた路線ですので思い切って利用してみてください。

今、あなたが既に地下鉄の開通している都市にお住まいでしたら、地下鉄の乗り換えにもすぐに対応できるはずです。残念ながらはじめて地下鉄に乗るという人は、面倒でもその都度駅員さんに尋ねるのがベストです。東京でずっと暮らしている人でも、分からないことがあると駅員さんに聞いています。

地下鉄を上手に乗りこなすコツは、駅構内の案内板を頻繁に見ることです。キョロキョロしていると田舎者に思われてしまうという心配をする人がいますが、実は都民も案内板を見ながら移動しているのです。女子高校生などは東京生まれの東京育ちにもかかわらず立ち止まってじっくりと案内板を見ています。だからあなたも遠慮せず案内板を見てください。

初日は恐る恐る乗ることになると思いますが、2日目からは都民と同じような感覚で乗りこなすことができるはずです。

東京では、東京メトロと都営地下鉄という2つの会社が地下鉄を運行しています。これは東京の地下鉄において最も不便で分かりにくいところですが、まずは料金の安い東京メトロをできる限り利用すればいいと思います。

東京で運行している地下鉄は以下の通りです。

東京メトロ
銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線

都営地下鉄
都営浅草線、都営三田線、都営新宿線、都営大江戸線

まず、東京メトロについてですが、東京メトロは少し前まで営団地下鉄という名称でした。もしあなたが道を尋ねた時に相手から「営団」という言葉が出てきたら、それは東京メトロのことだと思ってください。

東京の人は東京メトロの路線を呼ぶ時は銀座線、丸ノ内線というように普通に〇〇線と呼びますが、都営地下鉄の路線を呼ぶ時は「都営〇〇線」という言い方をして、東京メトロと都営地下鉄を呼び分けています。

さて、地下鉄を利用する際の注意点を2つ。

まず、出口を間違えないことです。地下鉄には最低でも4つの出口があります。乗降客の多い駅では10以上の出口があります。間違った出口から地上に出てしまうと、目的地と反対の方向に歩きだしてしまう危険性があります。

ホームに降りたら、まず何番の出口を出ればいいのか確認してください。地下鉄の駅のホームには、目的の場所に行く時はどの出口から出るのがいいかという案内板を設置しています。

次に、乗り換えの時の注意点です。通常は東京メトロの路線から東京メトロに、都営地下鉄の路線から都営地下鉄に乗り換えるときは改札を通ることなく乗り換えることができますが、時々、同じ会社の路線であっても一度改札を出なければいけない駅があります。

また、東京メトロから都営地下鉄に、都営地下鉄から東京メトロに乗り換えるときは、ほぼすべての駅で一度改札を出ることになります。この時に注意してください。

改札には乗り換え用の改札と回収用の改札があるのです。

乗り換え用の改札に切符を通したときは、一度改札の機械に入れた切符が改めて機械から出てくるのですが、回収用の改札に切符を入れてしまうと切符が戻ってこないのです。

乗り換えの際に一度改札を出なければいけない時は、乗り換え用の改札を確認してから出るようにしてください。

東京都のwebサイトに地下鉄路線図が載っていますのでどうぞ参考にしてください。

http://www.metro.tokyo.jp/SUB/SUBWAY/index.htm

それでは、素敵な東京ライフをお楽しみください。


--Vacation TOKYO 行程アドバイス
[お問い合わせフォーム]

posted by takeshi at 23:26| Comment(0) | 効率的に移動できるのは地下鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。