2011年08月14日

Cartier,GUCCI,SWAROWSKI,COACH,Van Cleef & Arpels

東京へのご旅行を予定されている方の中には、銀座の有名ブランドのお店を全部見て回りたいとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、そのような方にはゆっくりと時間をとっておくことをお勧めします。というのは、結構歩くからです。

銀座は1丁目から8丁目まであります。4丁目と5丁目の間に銀座4丁目交差点があって晴海通りと交わっています。銀座の中心の4丁目交差点の周りは一等地の中の一等地ということもあって、ずっと同じ店舗が代わることなく店を構えてきました。

海外ブランドの旗艦店の出店ラッシュは最近10年くらいのことですが、後発のブランドはどうしても中心から離れたところに店を構えざるを得ません。銀座通りですと京橋寄りの1丁目、2丁目、新橋寄りの7丁目、8丁目が近年再開発されたエリアで、新しくできたビルに海外の有名ブランドが出店するわけです。つまり通りの両サイドに出店するのです。

もうひとつの再開発エリアが晴海通りです。メゾンエルメスやクリスチャン・ディオールなどの大型店舗が出店しています。

銀座通りの1、2、7,、8丁目と晴海通りは、銀座4丁目交差点を軸にグルッとコンパスで円を描くと円の外側になります。つまり、すべてのブランドを回る時には銀座を端から端まで歩くことになるのです。ですから、ブランド・ショッピングで銀座に行かれる方は時間に余裕を持たせることをお勧めします。

cartier (800x600).jpg

Cartier

http://www.cartier.jp/#

gucci (800x588).jpg

GUCCI

http://www.gucci.com/jp/home

swarowski (800x600).jpg

SWAROWSKI

http://www.swarovski.com/Web_JP/ja/index

coach (800x600).jpg

COACH

http://japan.coach.com/online/handbags/Home-13001-13500-jp

IMG_1391 (800x600).jpg

Van Cleef & Arpels

http://www.vancleef-arpels.com/jp/van-cleef.html#/home/

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 11:07| Comment(0) | 銀座観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HERMES,LOUIS VUITTON,Salvatore Ferragamo,PRADA,LANVIN

銀座に海外の有名ブランドの旗艦店が続々とオープンしたのはこの10年ほどのことです。その先駆けとなったのが2001年にオープンした「メゾンエルメス」です。カフェテリアも併設され、ゆっくりとブランドを味わいながら品定めができるお店作りは大きな話題となりました。

20世紀後半の日本人は高級ブランドも焦って買うというイメージがあり、パリやミラノでは白い目で見られているという報道もありました。21世紀になって、ブランドの求め方も少しずつヨーロッパ風になってきたと言えそうです。

hermes (800x600).jpg

HERMES

http://www.hermes.com/?xtor=SEC-1001

vuitton (800x599).jpg

LOUIS VUITTON

http://www.louisvuitton.com/jp/flash/index.jsp?direct1=cata

ferragamo (800x600) (2).jpg

Salvatore Ferragamo

http://www.salvatoreferragamo.it/jp/

prada (800x602).jpg

PRADA

http://www.prada.com/

lanvin (800x599).jpg

LANVIN

http://www.lanvin-en-bleu.com/

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 11:06| Comment(0) | 銀座観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SHISEIDO,CHANEL,TIFFANY&Co.,BVLGARI,Dior

銀座は美しさを追求する女性にとって永遠の憧れ。
海外の一流ブランドも自らのブランドステイタスをかけて、次々と銀座に直営店舗をオープンさせています。そのデザイン性豊かな外観は道往く人々の心を浮き立たせます。

shiseido (800x598).jpg

資生堂
「東京、銀座、資生堂。」このキャッチコピーで有名な世界有数の化粧品メーカー。海外から一流ブランドが進出してくる中、made in Japan の代表として今も銀座通りを彩ります。

ホームページ
http://www.shiseido.co.jp/

chanel (800x601).jpg

CHANEL

http://www.chanel.com/ja_JP/

tiffany (800x600).jpg

TIFFANY&Co.

http://www.tiffany.co.jp/

bvlgari (800x598).jpg

BVLGARI

http://jp.bulgari.com/

dior (800x599).jpg

Dior

http://www.dior.com/beauty/jpn/ja/actions/home.ep

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 11:05| Comment(0) | 銀座観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三越・松屋・松坂屋 −銀座のステータスの原点はデパート−

銀座。
江戸時代にこのあたりに貨幣の鋳造所があったことから銀座と呼ばれるようになりました。本格的に東京を代表する繁華街となったのは明治時代に入ってからです。1872年(明治5年)に開通した鉄道の始発・終着駅である新橋と、東海道の起点であり当時の経済の中心地であった日本橋を結ぶ通りに繁華街を造ろうという機運が高まり、銀座煉瓦街が1873年(明治6年)にできたのが始まりです。

以来、銀座は日本一の繁華街となりました。

銀座が高いステータスを保持し続けた第一の要因は、デパートが3店舗もあったことです。
三越、松屋、松坂屋。

東京では西武、東武、東急、京王、小田急、京成、京急などの電鉄系のデパートを含めると3店舗以上あるエリアもありますが、銀座のデパートはいずれも女性をターゲットとした呉服店として創業されたデパートでした。

越後屋呉服店(三越)、鶴屋呉服店(松屋)、いとう呉服店(松坂屋)を前身とするこの3店舗が、女性ファッションをルーツとして創業したプライドをかけて地域一番店を競ったことで、グレードが向上していきました。

IMG_1372 (800x599).jpg

銀座通り
この写真は日本橋方向から新橋方向に向けて撮影したものですが、3つのデパートはいずれも写真の左側に位置します。手前から、松屋、三越、松坂屋です。

IMG_1371 (800x600).jpg

松屋銀座

IMG_1385 (800x600).jpg

松坂屋

銀座三越ホームページ
http://www.mitsukoshi.co.jp/index.html

松屋銀座ホームページ
http://www.matsuya.com/ginza/index.html

松坂屋銀座店ホームページ
http://www.matsuzakaya.co.jp/ginza/

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>

posted by takeshi at 11:04| Comment(0) | 銀座観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座4丁目交差点 −日本の商業文化の一等地−

銀座4丁目交差点。
世界に知られる繁華街・銀座の中心に位置するのがこの交差点です。銀座も時代とともに店舗の変遷がありましたが、交差点の四角にある三越、和光、三愛、日産ギャラリーの4つの店舗は何十年も変わっていません。

はじめて東京にお越しの方は山手線に乗って有楽町駅で降りる方も多いと思いますが、JR有楽町駅からこの交差点までは歩いて10分ほどかかります。都民は銀座に出るときは地下鉄を使うことが多いです。

地下鉄の銀座駅は、銀座線、日比谷線、丸ノ内線の3つの路線が交わるターミナル駅ですが、銀座4丁目交差点に一番近いのは銀座線です。銀座線ですと地下から地上に上がったところがこの交差点になります。渋谷、表参道、赤坂見附、日本橋、上野、浅草から銀座にお越しの方は銀座線を利用することをお勧めします。

なぜ銀座線にこだわるかと言いますと、銀座では慣れない間は方向感覚がなくなるからです。地方から東京に出てきた人の中には、東京に何年住んでいても銀座だけは未だにわからないという人も結構います。ですから、できる限り銀座線で降り立つことをお勧めします。

wako (800x600) (2).jpg

和光
高級宝飾店です。元々は服部時計店(現在のセイコー)があった場所です。和光は昭和22年(1947年)に服部時計店の小売部門が独立して設立され、昭和27年(1952年)に現在の場所で営業を開始しました。

建物は昭和7年(1932年)の完成で時計台は今でも銀座のシンボルとなっています。ご年配の方でしたら「精工舎の時計が7時をお知らせいたします」というCMのキャッチコピーを憶えていらっしゃる方も多いことでしょう。このCMは日本のテレビ放送における記念すべき第1号のCMとして知られていますが、CMの最後にこの時計台の映像が使用されました。

ricoh (800x600).jpg

三愛
水着の三愛として知られる婦人服メーカーです。高級志向の銀座らしくこのビルに入っているドトールコーヒーは高級ドトールです。

nissan (800x600).jpg

日産ギャラリー
この交差点の中で唯一の男性向けの場所と言えるでしょう。1階のギャラリーには新車が展示されています。ミス・フェアレディに会えるのも楽しみです。

IMG_1379 (800x600).jpg

銀座通り
写真右側の白い建物が三越です。

和光ホームページ
http://www.wako.co.jp/

三愛ホームページ
http://www.san-ai.com/

日産ギャラリーホームページ
http://www.nissan.co.jp/cgi-bin/GALLERY/index.cgi

<旅行前にポイントサイトでお小遣いを溜めよう>
posted by takeshi at 11:03| Comment(0) | 銀座観光&ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。